So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<殺人未遂>男に突然切られ店長重傷 東大阪の中古車販売店(毎日新聞)

 10日午後8時25分ごろ、東大阪市西鴻池町3の中古車販売店「ダイエツオート」から、「なたで切られた」と110番通報があった。大阪府警河内署員が駆け付けると、同店の前で同店店長の明田(あけた)行平さん(32)=大阪府寝屋川市堀溝2=が血を流していた。明田さんは病院に搬送されたが、左脇腹と右肩など計6カ所を切られ重傷。切り付けて逃走した男がおり、同署は殺人未遂事件とみて行方を追っている。

 同署などによると、事件当時、明田さんは店員と2人で閉店作業をしていた。店の外で、1人で車の展示場の門扉を閉めていたところ、背後から来た男が「おいおい」と声を掛け、なたのような物でいきなり切り付けたという。男とは面識はなかった。男は30〜40歳ぐらい。身長170センチぐらいで、上下とも緑色の服。白いマスクをし、眼鏡をかけていたという。男は明田さんを切り付けた後、徒歩で逃げた。

 現場は中央環状線沿いで、JR片町線鴻池新田駅から西約500メートルの倉庫などが建ち並ぶ一角。

【関連ニュース】
殺人未遂:人工呼吸器の酸素用チューブに穴 大阪の病院
殺人未遂:長男の左胸刺す 重傷負わせ母親逮捕…福岡
裁判員裁判:公判で突然否認の被告に懲役10年 東京地裁
殺人未遂裁判:被告が突然、起訴内容を否認 異例の展開に
傷害:米兵の子供起訴 道路のロープで女性重傷 東京地検

お役所仕事、見通し大甘…新庁舎の入居店舗ゼロ(読売新聞)
参院選で7候補の推薦を決定−日本介護支援専門員連盟(医療介護CBニュース)
波形手すり 全国で増殖 楽に上り下り、おしゃれ演出(産経新聞)
ダイハツ、11万7109台をリコール(産経新聞)
首相補佐官に阿久津、寺田氏=逢坂、小川氏は再任(時事通信)

<暴行>JR駅員殴り、国交省課長補佐を容疑で逮捕 横浜(毎日新聞)

 神奈川県警港北署は26日、横浜市栄区笠間2、国土交通省道路交通管理課課長補佐、曽我晃容疑者(51)を暴行容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は25日午後10時ごろ、同市港北区篠原町のJR新横浜駅西口改札口付近で、男性駅員(22)の腹を2回殴ったとしている。同署によると、曽我容疑者は「よく覚えていない」と話している。出張を終え新幹線で帰宅する途中で、酒に酔った状態で駅員に「何だお前は」などと因縁をつけたという。駅員にけがはなかった。【松倉佑輔】

【関連ニュース】
国交省:発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害
国交省:成長戦略会議 優先実施14項目の提言を提出
国交省:羽田のハブ化強化 発着枠9万回へ 成長戦略素案
道路空洞探査:受注公益法人を損害賠償提訴へ 国交省、異例対応
高速無料化:CO2は…減るの?増えるの? 国交省と環境省の試算、正反対

西日本大雨、兵庫で記録更新 大阪では休校77(産経新聞)
中期経営計画を発表―アステラス製薬(医療介護CBニュース)
代替滑走路8月末にも工法決定=日米合意文書に期限明記へ―普天間(時事通信)
契約後の法規制に賠償認めず=土地汚染で買い主敗訴―最高裁(時事通信)
小沢幹事長 郵政法案「全力で今国会中に成立期す」(毎日新聞)

遺伝子組み換えの実験マウス逃がす(産経新聞)

 文部科学省は14日、遺伝子組み換え実験用のマウスを逃がしたとして、北海道大学(札幌市)を厳重注意した。すでにマウスは捕まっており、被害は報告されていないという。

 また、同省はこの日、実験で使った洗浄液を化学処理せず廃棄したとして、製薬会社「エーザイ」(本社・東京)も厳重注意した。

 同省などによると同大大学院生が今年1月8日、動物実験室で、遺伝子組み換えマウスを使った実験を行ったところ、マウス32匹中1匹が容器から逃げ出した。同大関係者らが翌日、逃げたマウスを発見し、捕まえた。容器のふたがきちんと閉められていなかったことが逃亡の原因だという。

 エーザイは平成14年から同社研究員が実験機器を使って、遺伝子組み換えウイルスが含まれている可能性のある液体を使った研究を実施。同機器を洗うための洗浄液を化学処理せず廃棄した。その後、同社が廃棄した洗浄液を調べた結果、ウイルスは検出されなかったという。

【関連記事】
遺伝子組み換え米、中国市場に流通? グリーンピース調査で発覚
害虫ウンカに吸われると…イネの抵抗力アップ
青いバラ 文化の薫り高く夢を実現
米国トウモロコシ、遺伝子組み換え8割超
サル遺伝子組み換え 慶応大など成功 難病解明に光
少子化を止めろ!

<沖縄の日>怒りの3800人 本土復帰38年の集いで(毎日新聞)
土地改良区で着服、接待や「自民党費に使った」(読売新聞)
<水上温泉>若おかみ候補「おいでちゃん」 旅館組合がイメージキャラクター製作(毎日新聞)
<八街殺人放火>被害者の車発見 逃走に使用か(毎日新聞)
鈴木俊一・元東京都知事死去(産経新聞)

湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)

 内閣府は10日、「反貧困ネットワーク」事務局長の湯浅誠氏を、同日付で参与に起用すると発表した。同氏は内閣府参与として年末年始の「公設派遣村」開設に取り組んだ後、3月に参与を辞任した。政府は11日、緊急雇用対策本部の下に「セーフティー・ネットワーク実現チーム」を立ち上げ、長期失業者への支援検討に入るが、湯浅氏にチームへの参加を求め、再び内閣府参与とした。 

鳩山首相、世界株安で「国際協調に努めるべき」(産経新聞)
“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)
ヘリ部隊受け入れ拒否、徳之島3町長が方針確認(読売新聞)
「議院内閣制変えるべき」 橋下知事(産経新聞)
<普天間移設>首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)

信号無視、パト追跡後に衝突…双方の4人死傷(読売新聞)

 23日午前0時10分頃、愛知県蒲郡市港町の国道交差点で、男性3人が乗った乗用車と同県幡豆町の無職辻幸子さん(48)の軽乗用車が出合い頭に衝突した。

 この事故で、乗用車の蒲郡市三谷北通、建設作業員鈴木健人さん(19)が全身を強く打って死亡。同市と岡崎市のいずれも19歳の男性会社員2人が頭などに重軽傷を負った。辻さんは軽傷。

 蒲郡署の発表によると、事故の直前に、蒲郡市竹谷町の国道交差点で、赤信号を無視した乗用車を同署のパトカーが発見。

 停車するよう命じ、赤色灯を付け、サイレンを鳴らして時速約80キロで追跡したが、一時見失った。追跡開始から約2分後、約2キロ先で事故を起こした乗用車を見つけたという。

育休の文京区長「母の偉大さ実感」(産経新聞)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>武蔵野陵に参拝(毎日新聞)

寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)

 17日の関東地方や東北地方は、最高気温が東京都心で平年より7・2度下回る11・5度となるなど、雪がほぼやんだ午後になっても、2〜3月並みの寒さとなった。

 気象庁によると、同日の最高気温は、東京のほか、盛岡でも平年より9・0度低い5・4度、福島でも平年より11・9度低い5・5度などとなった。

 気温は全国的に高気圧に覆われる18日から、徐々に平年並みへと回復するが、23日頃からは、再び西日本を中心に寒気が南下する恐れがある。同庁は、「雪に見舞われる可能性は低いが、季節外れの冷え込みで農作物の生育に影響が出る恐れがある」としている。都心や横浜市、宇都宮市などで17日午前に降った雪は、1969年に観測して以来、最も遅い降雪記録に並んでいる。

米の鳩山政権不信、頂点…5月決着「期待せず」(読売新聞)
<名古屋市版レッドリスト>「絶滅」に13種追加(毎日新聞)
<絵はがき>正岡子規の孫、子規の叔父・加藤拓川コレクションの一部公開計画 (毎日新聞)
韓国籍牧師、女性信者への乱暴を否認 水戸地裁土浦支部で初公判(産経新聞)
独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)

ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)

 埼玉県警少年捜査課や警視庁などの合同捜査班は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純製造など)の疑いで、川崎市中原区中丸子、ウェブデザイナー、小林葉介被告(29)=同罪で起訴=と少年3人を逮捕した。

 県警少年捜査課によると、小林容疑者らは5年ほど前からインターネット上に日英中3カ国語で男児ポルノ専門サイトを開設。小学生から高校生までの男児50人以上をポルノの被写体として募集し、神奈川県内のホテルなどで撮影。DVDを1枚1万3000円〜3万2000円で国内の愛好者約1500人に販売していた。同課では、同容疑者らには計約5700万円の売り上げがあったとみて捜査を進めている。

 男児ポルノを専門に製造・販売するサイトの摘発は、全国初。

 同課によると、小林容疑者は「カネを稼ぐためにやった。少年愛は崇高な世界で広めたいと思った」と供述しているという。

 サイトには男児向けに「短期間でたくさん稼げるモデルをやってみませんか」「やる気と夢をかなえたい子はぜひ」といった勧誘の言葉を並べていた。

 小林容疑者らの逮捕容疑は昨年12月、神奈川県内のホテルで、東京都内の中学2年生の男子生徒(13)に1万2千円を渡し、わいせつ行為を撮影するなどした疑い。

 ほかに逮捕されたのは、横浜市の私立大学1年生(19)、東京都足立区の大学1年生(19)、千葉市の会社員(19)の少年3人。少年捜査課では、都内に住む別の都立高校3年の少年(18)もかかわっていた疑いがあるとみて調べている。

【関連記事】
衝撃告白!篠山紀信お願いに原紗央莉「断れなかった」
「他の愛好家にも…」と男児の裸写真公開 専門学校生を逮捕 
グーグルの逆襲! 中国語サイトでタブー画像が検索可能に
日本製「エロ画」所持で有罪判決! カナダ人の双子青年
「疑似児童ポルノ」を全国初摘発 頒布容疑で写真家らを逮捕

<最高裁>岡部判事が就任会見 女性で4人目(毎日新聞)
阿久根市長「中身ない判決、裁判官は見下してる」(読売新聞)
<掘り出しニュース>美濃焼「志野」の釉薬、鉱山見つかる(毎日新聞)
徳之島できょう「1万人集会」=普天間移設に反対−鹿児島(時事通信)
佐用町水害で不明男児捜索=下流域でランドセル発見−兵庫県警(時事通信)

村本さん死亡「大変遺憾」=タイ騒乱、沈静化に努力を−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日午前、タイのバンコクで日本人カメラマン村本博之さんが死亡したことについて「大変遺憾に思っている。お悔やみを申し上げたい」と述べ、哀悼の意を示した。また、タイのアピシット首相に11日に送った書簡の中で「騒ぎが拡大しないよう、最大の努力を願いたい」と要望したことを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。
 平野博文官房長官は12日午前の記者会見で「事態を大変憂慮している。タイが一刻も早く秩序と安定を回復することを期待している」と述べた。 

【関連ニュース】
死者21人、負傷800人以上=村本さん家族、遺体と対面へ
タイ首相、村本さんの死「心からの弔意」=鳩山首相、早急な調査要望
日本人ジャーナリストが死亡=デモ隊強制排除で治安部隊と衝突-9人犠牲・タイ
アジアの広域開発で協力=経団連会長、タイ首相と一致
鳩山首相、関係悪化に憂慮伝える=カンボジア、タイ首相と会談

<都営バス>左折の際にはねた男性死亡…容疑の運転手逮捕(毎日新聞)
<柳家花緑さん>結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
日中首脳、来週会談へ=核安保サミットに合わせ(時事通信)
「新聞の集金に来ました」と詐欺未遂 無職男を逮捕 小金井署(産経新聞)
<葬儀>藤井黎さん=10日午後1時、仙台市の斎苑別館(毎日新聞)

「使い捨て社会」ようやく脱出?露リサイクル機運(読売新聞)

 ゴミの分別収集の習慣がなく大部分が埋め立て処理されるロシアで、リサイクルへの取り組みが広がり始めた。

 人口、ゴミ排出量とも東京都に匹敵するモスクワでは近年、ゴミ減量が課題となっており、日本や欧米企業はロシアを「環境ビジネス」の新市場として注目する。

 国営企業「エコテフプロム」が運営するモスクワ南東部の「第4清掃工場」。中央アジア出身の約50人の外国人労働者がベルトコンベヤーで流れるゴミからアルミ缶やペットボトル、段ボールなど再利用できる材料を手作業で分別していた。生ゴミも乾電池も一緒に捨てるロシアでは、人海戦術によるゴミ仕分けがリサイクルの第一歩となる。

 人口約1200万人のモスクワでは年間約530万トンのゴミが出るが、「エコテフプロム」のアダム・ゴノポリスキー副社長は「再利用されるのは約30万トンにすぎない」と話した。

 ロシアが「使い捨て社会」から抜け出せない原因はリサイクルの採算性にある。エネルギーや鉱物資源が豊かなロシアでは手間がかかる再利用は新品を作るより割高。このため回収物は国内ではあまり再利用されず、金属類は主に欧州、ペットボトルは中国へ送られる。

 しかしモスクワでは年約3%のペースでゴミ排出量が増えており400か所あまりの処分場は2016年には満杯になる。このため、モスクワ市はゴミ処理の焼却とリサイクルの割合を増やすように変更。現在6か所の焼却場も増設する計画で、日本や欧米の企業が焼却炉などの受注をめざす。

 日本の関係者によると、ロシアは、風圧で可燃物とリサイクル可能な素材を分別する装置などに関心を示しているという。(モスクワ 緒方賢一)

名古屋の男性遭難か=山中で発見の男性死亡−福井・荒島岳(時事通信)
雑記帳 津軽弁の魅力がたっぷり楽しめるDVD発売(毎日新聞)
<論文盗用>東大がトルコ籍の元助教懲戒解雇、経歴偽造も(毎日新聞)
「ダイエット中だから…」小沢氏告白(産経新聞)
東京消防庁に東久留米市も=35年ぶり消防事務受託(時事通信)

長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見(産経新聞)

 平成7年3月の国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件が公訴時効を迎えた30日、警視庁の青木五郎公安部長が会見し、「事件は教祖の麻原彰晃死刑囚(55)=本名・松本智津夫=の意思の下、オウム真理教の信者が組織的・計画的に敢行したテロ」とする捜査結果の概要を公表した。時効が成立した事件で犯行グループを名指しして捜査結果を公表することは極めて異例。概要は31日から30日間、警視庁のホームページでも公表する。

 公表された概要では、A〜Hまでの仮名で元信者らの事件前後の行動を詳述している。青木部長は公表した経緯について、「事件の重大性やオウムが観察処分を受けていることなどに鑑みて公表することにした」と説明。「人権侵害に当たらないか」との質問が出たが、「犯行主体を明らかにする上で必要な限度で事実を公表した。公益上との均衡を考慮した」と述べた。

 また、事件が時効を迎えたことの教訓としては、「情報収集の対象としてオウムのような新しい脅威に十分な注意を払っていなかった」とし、「国民の協力で対処能力を高めていきたい」と話した。

 警視庁は30日に捜査結果の書類を東京地検に送付する。

【関連記事】
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結
「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査
「被害者への目配りが十分ではなかった」…13人目の死者 消えない痛み
地下鉄サリン直前「捜査攪乱の情報あった」 国松元警察庁長官証言
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<成田空港>着陸のユナイテッド機タイヤから白煙(毎日新聞)
2月の対象者、2カ月連続減=雇用助成金(時事通信)
普天間移設、「地元了解抜きの合意せず」首相(産経新聞)
郵政見直し、「WTO違反の可能性」=官房長官らに書簡−米、EU大使(時事通信)
公明・神崎氏、引退 自公結びつけた立役者(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。